【お知らせ】個展「ツーツー」

金沢アートグミで展示します。
お近くにお越しの際はぜひ足をお運びください。

2020年度 金沢アートグミ企画公募展
ツーツー
佐藤史治+原口寛子

2011年の結成以来、佐藤史治+原口寛子は〈2人〉というユニットの単位に着目し、遊びをはじめとしたコミュニケーションを生成するルールを編み出しながら、主に映像インスタレーションによる作品を発表してきました。

個展のタイトル《ツーツー》は、電話の話中音であり、〈Two〉という意味も込められています。また、以心伝心を意味する〈つうつう〉というニュアンスもそこに聞き取ることができるでしょう。

本展では、建築家・村野藤吾氏(1891-1984)が設計した北國銀行の空間を活かして発表します。折しも対面でのコミュニケーションがリスクとなった本年、ビデオレターや葉書、そして身体接触を想起させる2人の作品をご覧ください。

会期|2020年11月28日(土)- 12月22日(火)
時間|10:00-18:00 入場無料 水曜定休
会場|金沢アートグミ
主催|認定NPO法人金沢アートグミ
協力|金沢アートグミにご寄付頂いた皆さま、キタイッサカ、あをば荘

配信トークイベント
金沢/墨田のオルタナティブ・ツーツー

佐藤と原口が拠点を置く墨田区・向島エリア。本イベントでは、墨田区のアートスペース「あをば荘」の安藤達朗氏と、金沢にある「キタイッサカ」の上田陽子氏をゲストに招き、それぞれの地域にあるオルタナナティブ・スペースを佐藤原口の板書とともに紹介します。

日時|12月6日(日)14:00 – 15:00
会場|オンライン 視聴無料
ゲスト|上田陽子(キタイッサカ)、安藤達朗(あをば荘)
URL| https://youtu.be/rlAeA22SBhM

佐藤史治+原口寛子(さとう・ふみはる+はらぐち・ひろこ)

2011年に結成したアーティストデュオ。主に映像を用いたインスタレーションを発表している。コミュニケーションの齟齬をベースに、その解消または顕在化させる作品を制作。主な個展に2019年「talks」現代美術製作所(京都)、グループ展に2020年「すみだ向島EXPO2020」(東京)、2017年「いちはらアート×ミックス2017」(千葉)、2017年「影⇆光」川口市立アートギャラリー・アトリア(埼玉)など。http://satoharaguchi.org/

アクセス&お問い合わせ
石川県金沢市青草町88 北國銀行武蔵ヶ辻支店3階
金沢駅より徒歩13分/北鉄バス「武蔵ヶ辻」下車すぐ

電話|076-225-7780
メール|info(@)artgummi.com
HP|https://gallery.artgummi.com/