家路日誌 in 気仙沼・八日町(佐藤10)

2020/12/18

準備不足。起きてから荷造り。とはいえ午後15時までに着けば良いというスケジュールのため、9時に起きた。一ノ関から電車に乗れるのを密かに楽しみにしていたが、倒木のため運休とのこと。一ノ関は大雪だった。バスで移動、30分遅れて到着。コンビニでお金を下ろす。

今日は歌詞をつくるために八日町にきた。事前に印刷を依頼していたA1サイズの歌詞が記載された紙を広げて歌詞を考える。ハガキを読み上げながら、きになるフレーズを書き出していく。午後からはポツポツ人も来て、歌詞がまとまっていく。途中で吉川さんが地元のラジオに出演。プロジェクトの説明を電話越しでしてくれる。どうにか1番の歌詞ができる。

晩ご飯は近くのイタリアン。「悶絶アラビアータ」をオーダー。喉が焼ける。毎回飲んでるクラフトビールで流し込むが、とても酔っ払ってしまう。ホテルのテレビで、NHK宮城が制作した震災に関する番組をみる。